FC2ブログ

スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かもいけ問題が解決しました

牧場
09 /28 2018
おはようございます、むぅです。

牧場内をペタペタ歩く鴨の群れがいる。

元は、去年の12月に愛護団体から引き取ってきたものであるが、孵化に成功し

毎日ペタペタガアガアしているのである。

自由にコオロギやミミズを食したり、草を食したりしている。

最初貰ってきたときは、コンクリート練りにつかうフネを水場としていたのだが

交換が大変すぎるし、狭いし凍るしで最低限過ぎて、春になればなかなかの鴨臭を放ったので

「池欲しいね・・・」「ぜんぜん泳げてないよね・・・」と思いつつもできずにいた。

茶色い特徴的な石(私は勝手に移石と呼んでいる)は、よく言えば

最近ジョイフル本田とかで売っている、ヨーロッパやアメリカの農村になじむ

コッツウォルズストーンだとか、おしゃれ外構に必ず使われる、乱張り石のように見えなくもない。ラッキーである。

DSC_2911.jpg

全部出土品だよ!

構造は、住宅基礎で使っていた幅2メートル、厚さ0.15ミリの防湿フィルムをすいて

その上に石を載せていった、ノーコンクリ工法。

コンクリートを使うことは容易で、防水性も段違いだが、問題は解体時。

コンクリートガラは産業廃棄物になるため、えいっと自然に帰ることはできなくなるが

石組んで砂利入れて砂入れて目潰し(自然の構造だよね)・・・時間と体力は使うが

ばらすときはフィルムの回収だけで、石は自然に戻ることができる。

DSC_2944.jpg

なかなかよく溜まっています。

DSC_2947.jpg

何にも言わなかったけど、池にまっしぐら。

DSC_2953.jpg

ものすごく好評である。

今まで見たことがなかった、ゴボン!と潜る姿だったり、何にもしないで浮いてるだけという和やかな姿も見られて

とても勉強になる。

真ん中の小島は水没気味(泣)だが、ノーコンクリなのでいつでも修正可能。

あとは、、本当はテストランだったので、水源からの接続が杜撰。

その辺含めもう少し改良して、オシャレ池になる予定。

これで「池の鳥にえさあげ」というエキサイトコンテンツを自分で体験できるようになったぞー!!

(やってみたいよーって場合、パンとか持参でお願いします。ぜひ。)
スポンサーサイト

会津地鶏同士のひなは会津地鶏にならない 2

牧場
09 /28 2018
おはようございます、むぅです。

http://utsushinomori.blog.fc2.com/blog-entry-10.html

5月に孵化したこの子達 (左カンボジア、右ソウル) はどこに行ったかというと

DSC_2942.jpg

・・・・・うむ、「鈍色の足」という特徴も消えちゃってるな、

DSC_2941.jpg

国道349号線沿い、船引町から二本松、川俣方面に走るとある

「奥州福島・聖石(ひじりいし)おんせん」という日帰り温泉施設にいる。

ここの大将はかなりの動物好きで、なんかいろいろ居る。

(最初に訪れたときは、うお!鶏逃げとるやんけ!と思って小屋まで追い戻したり)

泉質は鉄泉という珍しいもので、ちゃいr・・・・・金色の湯であり、皮膚から鉄分を吸収するので

貧血や冷え性に効くとのこと。

温度も熱くないので、ゆっくり浸かることができる。

お近くを通る機会があったら、鶏がてらぽかぽか温泉をおすすめする。

葛尾小学校の子供たちが来たよ!

牧場
09 /28 2018
おはようございます、むぅです。

先日、となり村の葛尾小学校の子供たちが来た。

バスから降りるなり「お馬さんだー!」・・・と、なってしまったが、

まったくそんなことはよいのである。

DSC_2922.jpg

画像は自己紹介の直後に鴨がぺたぺた通り過ぎたので、鴨追跡中。

興味の向くまま、探検し、眺め、触ることこそ真の学習であり

私の話なんかはその後の話なのである。(いじけてるわけじゃないんだからね!)

DSC_2930.jpg

牧場長もいいタイミングで帰ってくる。

DSC_2926.jpg

うさぎさんを気に入ったのか、「うは・・・」と触り続ける子も。

DSC_2923.jpg

恒例・ツインヤギさんぽ。

DSC_2933.jpg

ヤギの小屋にて、桑の葉あげ体験。

小さい子が食べられない!!と心配になって工夫を凝らすものの・・・

えーと、メモによると

ポニー(&自己紹介 )→ カール紹介 → 鴨 → ウサギ → ヒツジ → ウサギ → ヤギえさ → 

ぐびお(ヒツジ) → 卵ひろい という スピード感あふれるお任せカリキュラムであった。

最後の卵拾いであるが、「卵あったかい!」「怖い!こわいよおおおおおおおお」泣 などなど

要領よく取れる子もいれば、クチバシが怖くてああああああ!ってなってしまう子も。

暖かい卵に命を感じてもらえたようで・・・

「これはね、温め続けたらひよこになるんだよ」と言うと、握ったまま帰るという。

彼らにとって「有精卵」というものは、規格ではなく、食べ物でもなく、命と認識するようだ。

私たちが望んだ結果になっている。

諸先生方にも「ゼロ距離すぎる」(いい意味で)と好評だったみたい。

そうだわね・・・あっちの牧場じゃあ、羊にほほずりとかできないもんね・・・

DSC_2935.jpg

彼らは彼らの規模だからこそ、このような濃密な体験ができるのである。

可能な限り、このような体験や授業を受けていこうと思っている。それが目的であるから。

ふたば未来学園

ふたばぐん歩き
09 /25 2018
こんばんは、むぅです。

本日は急に、広野町まで行ってきました。
DSC_2920.jpg


「ふたば未来学園・商品開発発表会」というものに

農業女子枠として、いつもお世話になっている方からお話を頂き、面白そうだな~と

思ったらスグ行く。

面白そうなことを我慢できない・・・!

事前に頂いた資料を読み、あらかじめ質問事項などを頭に入れつつ学校へ。

何回やっても自己紹介は慣れないなあーーーーーーーいつもぼろかすやもんな

出資者へのプレゼンという形で、商品紹介や会社のコンセプトなどを盛り込んだ発表が行われた。

商業科と農業科の混合チームで商品を練り、仙台と東京で販売会をするとのこと。


今回とても良かったのは、一番は

「縁故売り」をしないということ。

私が勝手に縁故売りと呼ぶその手法は、学生が商品開発しました!→地元のお祭りで売りました!

→親類縁者が「おれげの孫が作った」とかで買い占めちゃって、一般消費者にさらされる前に

商品がなくなってしまうこと。 いや、完売だし、売り方の手法としてはいいかもしれないんだけど

その評価は正当か?といつも思うやつ。

学生強いよなぁと思うやつ。


今回の商品開発ではそういうことをしないばかりか、場所と開発商品の相性がやや悪いような気さえする、

なかなかのシビアコンディションで、より実践性が高いと思った。

いい商品なのに売れ残りを懸念して他社競合より安くしてしまったり、ターゲットの絞込み(これはちょっと難しいか?)

や、実現性などなど、パネラーにフルボッコされる各チームのみんな。

私も、被ターゲット層のいち意見を言える場があったので、忌憚無き意見を申し上げました。

季節感を考えないので原材料費が異常に高くなってしまったり、販売会まで原材料が育たなかったり・・・

販売会の情報はあと出しだったかもしれないけど、授業でやっているからかもしれないけど

本当にたくさんの可能性を持っていて、とても楽しかった。

そして、さりげなくにじたまのPR。


と、同時に

このふたば未来学園の斜向かいにはイオンがあるのだが

地場産品(ここでは広域として福島県産としておく)がイチジクしかなかったというのも寂しい。

あと西シェフのドレッシング。うぬーーーーーー

地元で何を作っていて、どのくらいのシェアを占めていて、特性がどうで・・・というのを、学生が知る機会が

ないかも!とも思った。

地元は人がいなくて売れない→大きく売らせてくれるところに出す

この概念をぶっ壊すのが直売所の存在であるが、(なので私は直売所とか道の駅の地場コーナーが異常に好きです)

な い の で ・・・ 生産者もどのくらいいるのかわからないし、

直売マーケットイベントもないとなれば、ウェブサイトか市町村のパンフレットでしか知ることができないかもしれない。

その成れの果てが、「有名な産品が地元で食えない」・・・大間のマグロとか、前田美豚とかそうだろうな。

大間では新鮮なイカが食えるそうです。(主人談)

漁業は別としても、「地元感」が無ければ、逆さまなことを言えば、その場所でやらなくてもいいということになりかねない。

地元広告・販売はバランスと売上が難しいし、実現するには辛抱の部分も出てくるが

それでも商品開発を頑張る学生さんをみて改めて「福島で作っている」ということを大切にしたいと思った。

10/7 芋煮会をやるよー!

うつし
09 /23 2018
こんばんは、むぅです。

BEMフェスで大規模開拓したイベント会場で、芋煮会をやることとなった。

く し く も !

上移地区のお祭りとカブってしまったが、非常に興味深いことに

オール移じゃないっぽいので(北移や南移の人は、上移のお祭りの存在を知らされていないようで??)

なんかそんな感じでチラシを差し上げています。

もうぶつからない方が無理。次の日はとなり村の稲刈りイベントだし、田村市では大人の運動会するし。


言いだしっぺは主人なのだが

「福島って芋煮会、流行ってなくね?」という気持ちになったらしく、せっかくだから

開拓会場で芋煮やろーぜーということに。

山形風の牛×しょうゆ 味と
宮城風の豚×みそ 味 そして
福島枠は、今回中国の超メジャー料理・火鍋を使います。

羊を入れます。これが目的。

問題は、火鍋の材料が「その時ある野菜」と書いてあること・・・・・・・・

なンだよ!困るよ!フレキシブルすぎるよ!

スープが旨いので、味を吸うものを入れる予定。

そして、できる限り地元のものを使うということ。

味噌屋さん、豆腐屋さんは移にあるし、エゴマ屋さんもあるし、

こんにゃく屋さんは船引にあるし、きのこの類は、川内村の遠藤きのこ園で
(遠藤きのこ園か、TAKEかでちょっと揉めたが、今回は前者)

これは美味しくないわけがないでしょ・・・・と思う。


なお、当日はフリマや物販スペースも募集しているので
(一区画3×3メートルで500円、テントやテーブル、イスは私物でお願いしてます)

なごやかなマーケットも一緒に開催できたらと思っている。

そういえばフリマの文化もないんだよなあ・・・

おのおのおさがりとか交換とか貰い物してそういう場が必要ないのかもしれないけど・・・

子供さんの服とか困らないのかな?

是非参加して欲しいと思う。


そうそう、参加費で食べられるものは

芋煮汁3種類とエゴマの葉のおにぎりなのだが

他におみやげ&ビールのお供コーナーがあって

(※ビールもご用意するので、飲みたい方は乗合でお越し下さい。)

焼石で焼く、ほんとうの石焼き芋(伊藤さんの装置を借りられることになりました)

いぃしやーーーーきいもーーー おいもっ
おいもおいもぉーーーおいもっ  焼けたら歌おう。。

と、

まとん★にんにくま(ねぎまのにんにくVer.)
まとん★しいたけま(遠藤きのこ園のきのこ)

という串ものを主人が焼きます。ちょい辛。

雨降らないといいなあ~~~

よろしくお願いします!

ゼロ農のこと3

これまでの経緯とか
09 /21 2018
こんばんは、むぅです。

今回は「にじたま」誕生に密接に関わるテーマ。

どうして高品質の卵を作るの?というところであるが


これには、福島の子供たちがかつて、今もそういうことは少しあるのかもしれないけれど

「放射能いじめ」に不当に晒され、はっきりと差別されたことが

どうしても許せなかった。

彼らは、好き好んで福島へ生まれたわけでもない。

逃げ場のない、心のない物言い、醜さに触れさせられた。

あのことを思い出すと、今でもこめかみの辺りの血管が切れそうでビリビリする。

どうしてそこまで差別されなきゃいけない?

そして、鼻血が出たり、病気になったりすれば

「それ見たことか!福島だから!かわいそうに!かわいそうに!!」と言われるのだろう。


・・・・今では、ご理解を示してくれる方もだいぶ増えた。知ろうとする人も。

とてもありがたいことである。

しかしそういう差別を生み出すのも、ひとえにテクノロジーへの無知からなる。

そんな危険性もよくよく理解しないテクノロジーで電気をホイホイ作ってたんだと思うと危なっかしいなあ・・・

小学生の頃、富岡町のフクニサービスホールに社会科見学に行ったが、

タービンが回って発電するんだわね、と説明を受けてどっちゃりでんこちゃんグッズをもらって帰ってきたなあ。

*************************

さて、私は子供たちの体を強くする、病気になりにくい身体づくりを手伝うことにした。

福島の子供たちは、どの県よりも健康ではつらつとした子達が多いのだと。

そうなればいいと思った。

(残念ながら震災以降外遊びが減って、肥満率がグーンと上がってしまったが・・・)

良い食べ物は、良い家畜から。

一粒50円くらいの薬を飲んで命を永らえるより、一個50円のレグホンの目玉焼きで健康になったほうがいいじゃんね、

(薬価はわからないので、ごめんなさい。同じ金額を払うなら健康になったほうがいいというたとえです。)

私はいまのところ、未来を紡ぐ役割にない。これからもそういう機会は来ないにしても

しかし未来へのお手伝いくらいはできる・・・と思う。

だから、「にじたま」をはじめ、牧場で生まれる卵たちは、正直に言うと

福島で生きる子供たちのために作り始めた。

健康で生きて欲しいなんて、やっぱりエゴの塊かもしれないけど

オトナのセキニンとやらを果たしたいのだ。

W出店とにじたま少女

未分類
09 /17 2018
おはようございます、むぅです。

昨日は須賀川市・銀河のほとりと二本松市東和・古民家80のW出店でした。

9月の彼岸前にしてはちょっと暑く、しかし風はしっかりと秋という不思議な季節。


この時期、土日であればどんな日でもイベントにぶつからないというのは不可能で、

さらに農繁期にも突入しちゃったり、マルシェ自体が増えてきたということもあるので

のんびりしています。

農作業が増えて、商の場も増えるってーのは活気があるってことだよね??


ところで。

にじたまは意外と子供をターゲットにした商品であることは書いただろうか?

子供「わあーーーかわいい!!買って買って買って」
お母さん「高い卵だからだめ!」
子供「ええーーーー?!買って買って買って買ってねえパパーーーーーー」
→お父さんがTKG兼買う

・・・・・・・・・というシミュレーション?のもとラベル作りなどをしたのだが

その空想の「にじたまをねだる少女」というのが、主人のほうに来たんだよ~との報告。

まじかよ・・・・・・

空想上の生き物だぞ・・・・・・・・

またなんか叶っちゃってるじゃん・・・・・・・・

※ちなみに、男の子もラベル可愛い!と言ってくれます。男の子、カワイイの好きな。

できれば出会いたかったけれど、また来るやな、、

ゼロ農のこと2

これまでの経緯とか
09 /06 2018
こんばんは、むぅです。

ええと、前回の「経緯」については、羊の文化を継承ということであった。

今回は、羊と鶏の関係性ということであるが、

羊の牧場のはずなのに、どうして鶏もやっているのか?ということと

再興と言うなら移じゃなくても川内村内で良かったんじゃない?というところであるが


これも震災と密接な関係を持つ。

さすがに被災した養鶏場は見なかったのだけれど、日本の養鶏場のほとんどはバタリーケージという

鶏一個分のスペースに鶏をセットし、前から餌と水、後ろから卵という

なかなかどうして恐ろしい構造である。

被災地にもそういうところがなかったかというと、まああったのだが、それは営農方針の違いとして

それがダメとは言わないでおく。

鶏を始める前に、畜産ベースの本と、高品質卵の調査をして

畜産ベースは

平飼いなら、デビーク(※)をして、というまたまた恐ろしい単語が出てくる。

とにかく、いろんなもんを削っていくのが畜産ベース

高品質ほど環境と餌に収量が左右されるけど削らない。


では、完全な管理のもとで育った家畜たちは、有事の際はどうなるか?というところであるが

牛なら、水が飲みたくて沼に突っ込んでいったり、用水路に落ちたりした。

豚も側溝にはまったり。

運良く逃げられた個体はそんな感じで、運悪くスタンチョンやドアがあかなかったものは、そのまま亡くなった。

これは農家さんたちを責めているのではない。


問題は、「家畜の生き物たる力を削ぎすぎている」というところなのである。

ええと、力を削ぐから家畜化出来ているところもあるんだけど、ここではそれは置いておく。

生き物が生き物らしく生きられないという畜産は、私はしたくなかった。

(実際、川内村アニマルフォレストでも24年に生まれた子羊が、餌の紐を食べてしまい死んでしまった事例があった。
胃袋にビニールの紐がびっちり詰まっていたのだった。人が居られたなら、そんなことは起こらなかったのだ)


ええーと話がだいぶそれたんだけれども、羊=環境依存度が高い、草を食べる生き物だから。

そして働けるようになるまで2年かかる。

その2年の間、「環境依存が少なく、少額投資で、割合自由な商品デザインができる家畜は?」

答えは鶏だった。

鶏も、鶏が思うままの暮らしをするべきなのだ。

というか、鶏が一日の間何をしているのか、まあ分からなかった笑 んだけども

さっそく県内の丁寧に作った卵の農家さん(のちの師匠)のところへ見学に。

百聞は一見に如かず。目からウロコ量産。(視力はいいのでコンタクトは付けてないです。)

そして、次は、「では、このうつしの森で鶏が暮らしていたとしたら、何を食べるだろうか?」

という想像に入った。特産品と近場で手に入るもので暮らすだろうな。山んなかの鳥は毎日魚は食えないだろう。

残渣とか産廃とかそういう言葉はあまり適切ではない気がするが、循環しなくなったものはそういうゴミ扱いされている。

かつては家畜の餌だったのに。

という訳で、「三春藩特産品・三角揚げ」のおから

「船引町特産品・エゴマ油」の粕というものが餌の中に入っている。


つまり、答えは羊のパートナーとしての鶏である。


一番下にデビークの話を乗せたが、ちょっと嫌になってきたので

クチバシのことを。

つつかれても、血が出るほど攻撃してくることはありません。

ちみぎられると多少は痛いですが、食いちぎることはありません。

どちらかというと蹴られたほうがアザになりますが、これも特段理由がなければ蹴りません。

だいたいこういう場合は環境に問題があるか、オスが多すぎて戦国時代か。



※デビークとは…「つつき」という死に至るイジメを防ぐために、ひよこの時に

嘴の先端をバチンと切ってしまう手法。

もちろん失敗してしまうこともあり、不正咬合で餌がうまく取れなくなったり、舌まで切っちゃって
死んじゃうことも。

つつきも、えさが足りなかったり環境要因があると、私は思っています。

社会に適合しない者

牧場
09 /02 2018
こんばんは、むぅです。

現在受講している復興人材育成塾に感じていたズレが、今日埋まった。

埋まっていることに気づいてしまったので、もう次のフェイズに行くことにした。

なんなら自分で課題を知っていて、過去に育成塾で話していた。


今まで牧場を作る!ということに注力していて、自分で思っていた家畜も全部入れ、

構想した商品もつくり、その商品も食べてもらいたいところに届いていて、

サイドで構想したものもデザイナーが来たりして商品になってたり、

なかなか叶っちゃっているなあ・・・全部ではないけど

(写真は一番手前のが吉田。3年ぶりぐらいに事務員っぽい服を着た・・・・・)
DSC_2780.jpg


(過去に作った事業計画書を見ながら)「最大化付加価値を生み出す重要な家畜・小型馬」

うんうん、おるなあ、自分で牧草地に通うやつ。

花卉(カサブランカ)

花卉は、しかもゆりの根っこは猪に食べられて終わるなあと思ってこれはやってないな


この、事業計画書にかいてあること(しかもなんかカッコつけた感じで書いていてワロタ)

で、いままでの授業をクリープ運転で聞いとったなあと。

うむ。

この先か。


面白いことに、この先やりたいことも既に口走っている。

私の口、リーディングイノベーションかよ・・・考えるより先に口が喋っちゃってる・・・

もしくは、喋ったことを実現するとかいう訓練を入れられたかもしれない。怖い。夫怖い。

しかもしゃべっている最中にまた答えが見つかり、人の話をやや食い気味で遮ることも増えた



・・・・・・社会に適合できねえ・・・・ま、適合のための社会じゃねえしな、

そうそう自分もそうだからなんだけども、その部分のカバーを牧場でできたらと思っている。

ここから先を考える。

メンターさんがいらんところをいらんのでは?ということを気づかせるのはすげえな・・・

目からウロコ。まだまだ。

utsushinomori

福島県田村市船引町の東端、移地区でひつじや養鶏、ふれあいキャストたち(うさぎやポニー、ヤギなど)と日々暮らしています。
福島県からこそ、より良く安全なたべものを。そして、生き物たちと共生の方法を。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。