FC2ブログ

スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

緑小学校・収穫祭にお呼ばれ

うつし
10 /26 2018
こんばんは、むぅです。

DSC_3225.jpg

8月の「夏休み・めだかの学校支援ボランティア」を行ったところ、画像のような招待状が届いた。

豚汁をご馳走すんだしけど。

DSC_3214.jpg

何回見ても壮観な、ロケットストーブ群。

DSC_3215.jpg

この、何となくなんの部品かわかっちゃう部分がなお良い・・・

DSC_3216.jpg

この間の運動会もそうだったけど、小物に至るまで整えるのって・・・時間がなんぼあっても足らんよ・・・

というわけで素敵なランチョンマットに出迎えられ、

DSC_3217.jpg

収穫祭なので、いろいろプログラムもありました。

このスライドもか・・・うおおおおおおお先生って大変だぜええええええ

地元のデザイナーとかに外注できたらいいのにねええええええ

DSC_3221.jpg

DSC_3220.jpg

・・・・・この豚汁は、結局なに味(味噌とか、醤油とか)だったのかわからなかったんだけど

(あえて言うなら白菜か?塩か?)

とても美味しかったです!

ちょいちょい会話もしながら、目線の先で

小さな男の子達がザブザブおかわりしていくのも目撃し・・・・・

よし!食べ盛りだな!

学校支援面白いな!!次は豚も育てっか?!(多分豚汁じゃ消費しきれないよね)

DSC_3222.jpg

最もでかい芋選手権。1.5kg近い芋は成人男性の腕ほど。ずね~芋だない!
スポンサーサイト

浪江創成小・中学校運動会Uniyボラ

ふたばぐん歩き
10 /14 2018
こんばんは、むぅです。

昨年わが母校・もと浪江東中学校がリノベされるというので、

校内おひろめ見学会に行った。

冴え渡る青紫を基調としたカラーに塗り直され・・・・・・と本題はこれではなくて、
DSC_3074.jpg
後は写真が説明しマース


10/13は、浪江町のイベントが目白押し、いや芋洗いの勢いであった。

音楽祭、まち・なみ・マルシェ一周年、件の運動会。次の日には標葉(しねは)祭りの復活など。

その中、母校で行われた運動会、正直子供よりか大人の方がめっちゃ多くて、運動会なんだか復活のお祭りなんだか

よくわからない規模だったが、とにかく温かい雰囲気に包まれていた。

DSC_3072.jpg

園児たちももちろん参加。オール浪江である。

今回、Uniyとしてのボランティア要請を受け、私と菅野兄さんが参戦。お手伝い兼にぎやかし、その他フォローなど。

DSC_3078.jpg

準備撤収の打ち合わせ(なかなか複雑)が一発本番でスリリングであったが、人の手って偉大。

ミス・怪我もなく時間もぴっちり終わるという・・・

そうそう、Uniyとしての活躍なんですけどね、

一般枠「こちら創成宅急便!」というカードを拾う→指定の荷物数を一輪車で運ぶというやつに

菅野兄さんが参戦。
DSC_3097.jpg

まさかのラッキーカードを引き、最後尾から悠々とゴール・・・・・・・・

「おいしくない・・・・」 はい、わかります。ごもっともです。

DSC_3119.jpg

運動会ってこんな巻いたっけ??疲れたっけ??と思いながらも楽しかった!

来年は田村市の運動会も出られたらいいなあ、、

またまた北海道に行ってきたよという話。

牧場
10 /13 2018
こんばんは、むぅです。

芋煮会のお片づけもほどほどに済ませ、今年最後の

北海道へ。

芋煮会やるよー!という段階で、北海道の厚真町、むかわ町あたりが被災し

ご支援できるならと思い、同時に犬猫用の支援物資も募集。

羊を一頭買ってくるので、行きのトラックは空荷だ→支援物資だ!となったわけです。

今しかない。


いつもお世話になっている、「ペットのお風呂屋さんワンワン」のオーナーへ、

(支援活動のため7年前に結成された札幌ワンニャン支援隊という団体は、くしくも今年解散してしまったので)

フェリーが朝4時半に着くので、早朝に支援物資をお届けし、(朝早くすみませんでした!しかもお店の前を圧迫・・・)
DSC_3062.jpg

そこから士別市へ。

DSC_3065.jpg

お掃除の日だったようで、いろんなのがお外で待機。

紅葉も始まり、色合いがなかなか素敵です。

DSC_3066.jpg

お顔が小さいのか、毛が長いのかちょっとわかりかねるけど・・・・

DSC_3069.jpg

うーん・・・・ほぼ毛・・・にしか見えないけど・・・

DSC_3068.jpg
DSC_3067.jpg

ちなみに、遊んだわけじゃないです、市場調査です。

大事なことだから二回言います、遊んだわけじゃないです、、

行き帰りのタイミングで人材育成塾の課題が重なり、(行く前に出しておきなさいよ)

行きのフェリーに乗り込み、wi-fiあるからなんとか送れる!→天候が悪く、いつもより繋がらねー!!

データの雛形も取れねー!!

次の日の朝ローソンで電波を拾い、なんとか送ったのだが、、
DSC_3048.jpg

課題は余裕を持って出しましょう。お船の中が暇だからといってギリギリまで伸ばしてはいけませんという話。

葛尾村・葛力創造舎の稲刈りスタッフ

ふたばぐん歩き
10 /13 2018
こんばんは、むぅです。

芋煮会の次の日は、となり村の葛尾村で行われた

稲刈りイベントに羊串担当で行ってきた。

うむ、なんかすごい。

DSC_3038.jpg

またしても写真を撮らずに羊串焼いて、物販の準備して、なので

写真は一枚しかないのだが

参考になる仕組みはたくさんあった。

今回、2日連続で夫は羊串を作ったのだが、(累計250くらいか?)

これがどこも好評で嬉しかった。

マトンと聞くと、実際に味わったことのない方でも「匂いがあるんじゃない?」と懸念されがちだが

まずは、一旦食べてみて欲しい。

マトンにもいろいろなタイプがあって、

・小さな頃に去勢された去勢オス(今回と畜したのはこのタイプ)

・厳密に言うとマトンじゃない(一歳までがラム、一歳を越すとマトンとされがちだが、一歳から二歳の間をホゲットという)

・めちゃ働いたベテランのマトン(匂いがあるんじゃない?という大元の情報はここから来ていると思っている)

戦後需要で毛を取るために、皆が皆コリデール種を飼い、共に生き、そして最後は食べた。

これは福島県内田村市から西、南会津まで羊を食べる慣習の背景だと思っているが

ここから「臭みに対する懸念」が来ているのではないか?という推測である。

つまり、ざっと60年くらい前の情報を、未だに使っている可能性がある。

さらに言えば、屠畜状況も不明だ。

状況次第で、肉につく匂いは変わる。これはヤギの乳にも言えることである。


えー、なので、イベントやこういう機会において「おいしいマトン」を口にしてもらえるということは

本当に少しづつではあるけど、情報の刷新につながっていくと思う。そうしていかなくてはいけない。

そして、「福島県で美味しいマトン食べたよ」・・・これが、最も欲しい言葉なのだ。

稲刈りの記事なのにマトンに着地。

芋煮会を開催したよ!

牧場
10 /13 2018
こんばんは、むぅです。

先日7日に、牧場のイベントスペースにおいて芋煮会を開催した。

言いだしっぺは主人なのだが、彼曰く

「福島県は芋煮やんないの?」

宮城県で長いこと仕事していた主人は、秋のレジャー=芋煮というのである。

「芋煮やろうぜ!!」・・・ひと狩りいこうぜ!みたいなノリである。
DSC_2994.jpg


第一回目は、芋煮普及のため、3種類の鍋を用意した。

山形風…里芋、ごぼう、牛肉、醤油味。
DSC_3014.jpg

宮城風…じゃがいも、にんじん等豚汁の材料、味噌味。
DSC_3012.jpg


福島風ないじゃん、とのことなので、ここは羊肉を使った鍋、

「火鍋」にすることに。
DSC_3009.jpg



…さて、今回のコンセプトとしては

「地元の方と交流しよう」…稲刈りギリギリ前のときに

地元=移の方とお話をして、今後の周知に努めていきたいと思っていたのだが


なんと、上移(牧場のある地区)の神社例大祭と被り、
(区長に芋煮会のチラシを渡した時点でそんなこと言われ、作戦変更を余儀なくされたのだ)
(知らなかったの?とさえ言われたんだけど、人いねー子供いねーとか言うなら年間カレンダーぐらい作ってください。)

ほかのイベントともかぶり、(←これは仕方ない)

稲刈りも今年は早くてやっとるし、

……広報は、きちんと作戦をねらないとダメだなという感想。



一方、主人は

「え?失敗じゃないじゃん!鍋美味しかったし!評判も上々だ!」
DSC_3003.jpg
・・・という一端を担った、まとん✩にんにくま。
まとん✩しいたけま(間)も作成。

にんにくは青森県田子産、しいたけは田村市常葉、TAKEさんのしいたけ。

そして、汁物ときたら、ご飯的なものも必要じゃろということで
DSC_3022.jpg

エゴマの葉の塩漬けを巻いたおにぎり。塩大葉に近いエゴマ味。

日本エゴマの会ふくしまさんから習ったレシピである。これは最強である。

そうそう、私は集客に失敗したので出店者の皆様に申し訳ないなーーーと思い、猛省中なのだが

主人はそういう感じなので、反省、改善点があるということだけで

芋煮自体は失敗ではないし、羊商品のご感想などいただけたので、いっか。
DSC_3001.jpg

DSC_3002.jpg
休憩スペースも建てました。

青空には恵まれたんですけど、同時に暴風にも恵まれまして、ええ、ちょっと破損箇所が出ました。

これも合わせてすみません。。

DSC_3026.jpg

カッパ淵からカッパ(歌うまい)が参戦。

いよいよ動物園を否定できなくなってきたうつしの森。いや、妖怪大戦争か??

DSC_3028.jpg

急遽作ったふれあいコーナー。ここは、今後お手伝いさんを入れたほうがええな・・・

DSC_3034.jpg

今回もいろいろ機材を融通してくれた大将、くしくもお誕生日だったので胴上げ。なぜか胴上げ。めでたい。

DSC_3017.jpg

遊ぶとこないよね、ってどの年代が一番遊ぶとこねーのかなって思ったら

働き盛りがねーのよね、、

親世代、あんにゃあねらの世代が田村を謳歌できなくて、どうして次世代に継げるよ?ということ。

えー、結局何が言いたいかというと、

来年も芋煮会やるよーーーーー!!!


utsushinomori

福島県田村市船引町の東端、移地区でひつじや養鶏、ふれあいキャストたち(うさぎやポニー、ヤギなど)と日々暮らしています。
福島県からこそ、より良く安全なたべものを。そして、生き物たちと共生の方法を。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。