FC2ブログ

厄年に火をつけろ!

牧場
03 /04 2019
こんばんは、むぅです。

要観察の子ヤギを見ながら書いています。

先日、うつしの森で行いました、えーと・・・

「体感!LIVEBBQ inうつしの森~田村の羊を食べ尽くす、火な祭り~」

長いですね; 火な祭り=雛祭りと気づいた方、何人いるだろうか・・・

前回10月に行った芋煮会に引き続き、バッタバタ;;

写真を撮ることができないだろうなとあらかじめ思っていたので、

たむランド管理人の、荒井さんにお願いをしていたのでした。


この、主催二回目にしては大きめのイベントは、本当にたくさんの友人が力添えをしてくれて初めて成り立ったのであり

みんなの力と認識しています。

これ、もしですよ?

オールうつし、そしてオール田村が出動したとしたらとんでもないことになるなって思います。



当日、午前中BBQ骨組みと、丸焼きスペースの整備をしてくださったNPO法人・くらスタの佐原隊長!

アバウトすぎる指示にもこのクオリティ。とても綺麗に火が上がりましたよ!

そして、ひなまつり→ひなあられ(ポップコーン)をやるための装置、アルコールバーナー

いつもお世話になっております、ライフサポート伊藤の、伊藤さん。

DSC_0711.jpg

一見フツーに穴があいているように見えますが、角度など研究され尽くしていてとても精密な作りです。

出力も安定。これでポップコーンできたらなあ;;

DSC_0681.jpg

エケコ商店さん。コットンワンピースが破格!!爆買い続出していました。

DSC_0698.jpg

ファイヤー後。

人材育成塾で同じグループだった、石井師匠が駆けつけてくれました。

当日、イシヤ石材のプチ展示会+ピザ焼き+大越町のつるし雛をやってから。ありがてぇ。

人材育成塾のメンターさんたち、塾の仲間たち、伴走(面倒見てくれる係ですね)も。

ちょっとドキドキしたけど、楽しんでいたようです。

DSC_0707.jpg

ひょうたんのランプシェード。

開催メンバーの一人であり、アーティストのYutaka Yamatoji さん作。

大きさの割に軽くて、設置しやすさが特徴。

DSC_0700.jpg

夕方、冷たい風が吹き始めたころにつけたキャンプファイヤーは、一瞬で周りの空気を温めて

人の集うところとなりました。


ひとが、現代のデジタルと便利に足を突っ込んだ生活を続けすぎると、肉体感覚を失い、純粋に生きる能力も

落ちます。

頭脳を駆使して仕事や生活の改善を図るのは、それはヒトという種族の特性かもしれません。

だから、ある意味種族特性を生かした生き方になっているとは、思います。

しかし、特性の上のカテゴリ、そもそもは生き物であるということを、忘れてはいけない。

えーと、、、

BBQの様子は、たむランド管理人の荒井さんにお願いしてあったので、↓ご覧下さい!
DSC_0121_R.jpg

DSC_0190_R.jpg
DSC_0214_R.jpg
DSC_0247_R.jpg
DSC_0266_R.jpg
DSC_0281_R.jpg
DSC_0340_R.jpg
DSC_0318_R.jpg
DSC_0306_R.jpg
DSC_0353_R.jpg
スポンサーサイト



utsushinomori

福島県田村市船引町の東端、移地区でひつじや養鶏、ふれあいキャストたち(うさぎやポニー、ヤギなど)と日々暮らしています。
福島県からこそ、より良く安全なたべものを。そして、生き物たちと共生の方法を。