FC2ブログ

Uniy新年会行ってきました

うつし
01 /21 2019
こんばんは、むぅです。

書く時期が空いてしまったけど、時間としては「船引だるま市」の次の日。

北移の「スナック蛍」にて、地元団体Uniyの新年会が開かれるというので

(同時開催・スマブラなどのゲーム大会と、HMみしまさんの投げ銭ライブ)行ってきた。

DSC_0389.jpg

スッスッスー スッスッススマブラ!
ゲーム懐かしい・・・しかし青春のほとんどをRPGで過ごした私は、リア充ゲームは苦手なのだった!

しかし・・・・ぷ、ぷよぷよ・・・・・ぷよぷよなら!

*********************************

最初に言っておく。

スナック蛍の料理は、大変美味しい。

DSC_0387.jpg

まずは会長挨拶。みんなの精神的支柱、、、ってどこかに書いてあったけどアイドルってことでおk?

いろんなところで、すっかりお世話になっています。

DSC_0388.jpg

そして乾杯!

Uniyというのは、実は移の子じゃなくても入れて、この日も常葉と船引堀越のクレイジーガイが約二名。

厳密に言うと私もクレイジー枠に入っているらしいけど、想定の範囲内です笑


そうそう、この日のメイン出し物は、「僕たちはどう生きるか」

DSC_0395.jpg

今年の成人式で行われた、ほとんどぶっつけ漫才(漫才だったかな、広報・・・みたいな気もしたけど)

関係者に怒られたらしいけど、それは違うなと思った。

田村市や地方の自治体は、「ふるさと教育」・・・つまり、彼らに生活拠点を選んでもらうための

ふるさと愛を育てる教育というものを行っている。

行っているが、実際のところ・・・・住んでいる大人や親世代が「何にもないんだよね笑」みたいな

ナナメの姿勢なら、子供だってよくわからんまま真似をすると予測される。

そして、ラウンドワンやチーズドッグに憧れて、夢を叶えに行ってしまうのだ。

そういうところでは、この市役所職員とお笑い芸人のぶっつけ漫才?は

れっきとした「郷土愛をくすぐる漫才」であり、褒められこそすれ怒られるものではないと思うのだ。

そして、やりたいことやれる!という姿を見せることがもっとも大切。


あ、そうそう

「生きたいように生きる」フロントランナー、ハッピーマックスみしまさんは

DSC_0397.jpg

この日、Uniyメンバーが入れ代わり立ち代わり大暴れするのを

DSC_0399.jpg

金足農業の吉田くんのように、たったひとりでさばき・・・


そして、小道具の縄跳びを忘れて行きました。


もし、田村市で郷土愛を育む教育をしたいなら、夢を叶えるためのアクションリーダーみたいな人は必要だし

えーーーと、どうやってオトそうか、あ、そうそう

「僕たちはどう生きるか」というところであれば

Uniyも、みしまさんも、立派な「オトナのお手本」だと思うのだ。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

utsushinomori

福島県田村市船引町の東端、移地区でひつじや養鶏、ふれあいキャストたち(うさぎやポニー、ヤギなど)と日々暮らしています。
福島県からこそ、より良く安全なたべものを。そして、生き物たちと共生の方法を。